ポータブルガーデンをつくろう!

 

アーチビ部 ワークショップ
ポータブルガーデンをつくろう!

5月19日(日)10:00〜11:30
金沢市民芸術村PIT5アート工房

 

アーチビ部、3年目は「布」をテーマに活動をスタートします。

色とりどりの端切れから好きな布やリボンを組み合わせて、大きな一枚のカーペットを作ります。自分でつくった部分を切り取ったら「ポータブルガーデン」の出来上がり。芸術村の芝生に敷いてのんびりくつろぐもよし。工夫次第では、かばんやブローチにも大変身。親子で創作を楽しみましょう!

 

<アートで あそぶ まなぶ つながる>

「ポータッブルガーデンをつくろう!」は指先や手を使った感触・感覚遊びからイメージを形にする造形遊びまで、
お子さんの年齢や興味に応じて、大人の関わり方を工夫することで、
お子さんとの対話・協働・共創を楽しむプログラムです。

さわる

さわる、つまむ、いろんな素材の布にふれて触感を楽しむ

 

とおす

穴にリボンを通して遊ぶ
指先の運動により脳を活性化する

むすぶ

リボンを片結び
繰り返し作業する
集中力や創造力を育む

 

✳︎アーチビ部とは
アートを通してちびっこ親子が、心と体と頭をほぐす部活動です。粘土であそぶ、展覧会をみる等、ゆる〜く活動していきます。お楽しみに。(活動予定:7/20~28、10/6、11/7、2/19 詳細はWEBでお知らせします。)

 


 

講師

 

式地香織
(建築家コドモチョウナイカイ事務局代表)

日本女子大学大学院修士課程、伊東豊雄建築設計事務所を経て、フリーランス。2014年、大学におけるデザイン教育の経験と建築家としての職能を活かして、子どもたちの生きる力や場を育むべく、コドモチョウナイカイ事務局を設立。デザインのもつ教育力や包摂力を探究し、多様な学びのプログラムやワークショップを展開している。2021年、金沢21世紀美術館において「デザインで あそぶ まなぶ つながる コドモチョウナイカイ展」。2023年、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館にて「エシカルニットワークショプ」。

 


概要

 

受付:

9:50〜

対象:

未就学児(2才〜6才)とその親
※未就学児以外に小学生以上のお子さんがいる場合は、希望があれば一緒にご参加いただけます。ただし、主役は未就学児とその親です。

定員:

20家族

参加費:

1家族500円

持ち物:

タオル、飲み物

申込方法:※4/20(土)15:00- 受付開始

下記の申し込みフォームに必要情報を記載し、送信してください。

 

主催:金沢市民芸術村アクションプラン実行委員会(公益財団法人金沢芸術創造財団、金沢市)
企画・担当:金沢市民芸術村アート工房ディレクター モンデンエミコ、寺西由佳
チラシデザイン:式地香織
布協力:PUSHPA

*チラシ表(JPGデータ)
*チラシ裏(JPGデータ)


 

お申し込みフォーム

準備中です。4/20(土)15:00-受付開始となります。お待ちください。