WHAT’S ACTION PLAN?
アクションプランとは

アクションプランとは、ドラマ・ミュージック・アートの3工房の市民ディレクターが企画・立案する金沢市民芸術村の主催事業です。初心者でも気軽に参加できる体験型ワークショップや、子供から大人までを対象とした多彩なイベントを展開しています。市民が気軽に芸術文化に触れる機会の提供、次代を担う若者への支援事業、市民への啓発事業を通して、金沢市の新しい芸術文化創造の育成に寄与することを目的に実施しています。

DIRECTOR
「市民が主役」となるために — 市民ディレクター制

〈 ドラマ工房 〉
かなざわリージョナルシアター

〈 ミュージック工房 〉
真夏の音魂~真夏のサンセットライブ

〈 アート工房 〉
100万人のキャンドルナイトin金沢市民芸術村

金沢市民芸術村ではさらに、公立文化施設の中で全国初の「市民ディレクター制度」を導入しています。「ドラマ」「ミュージック」「アート」の3つの工房には、演劇・音楽・美術の専門家の中から、バランス感覚に優れ、ボランティア精神を有する人材を公募で各2名選出し、工房運営を任せています。利用者の代表でもあるディレクターたちは、数年間の任期中、施設利用を活性化し、市民が芸術への関心を深め、身近に参加できる主催事業(アクションプラン)の企画・立案などに取り組み、「市民が主役」となる施設運営を行っています。

STAFF
金沢市民芸術村アクションプラン実行委員会 スタッフ


村長
後藤 徹

Tetsu Goto

ディレクターたちのACTION!の合図で、ドラマも、ミュージックもアートもスタートします。
ある時は元気よく、ある時は静かに、ACTION!の声の下、演者も観衆もみんなが一つになって物語が進んでいきます。ある時は笑いがこみ上げ、ある時は涙を流し、芸術村の温もりのあるレンガや床を通して、私たちの心を揺さぶります。ACTION!は芸術村だけに通じる魔法の声。こんな喜びに満ちた子供達の歌声や歓声を聞けるのは芸術村だけです!芸術村は100年前の建物なので、実は、音が少しずつ漏れてしまいます。(すみません)でも、ドラマから、ミュージックから、アートから少しずつ漏れてくる音たちが響き合いながら、ハーモニーを作り独特の音になって伝わってきます。その音を聞けるのも芸術村だけですよ!
さあ、今年もそんな芸術村ならではのACTION!の数々のプランがスタートします。どうか、そんな気持ちで私たちの声を聞いていただけると幸せです。ACTION!


総合ディレクター
黒澤 伸

Shin Kurosawa

二十年ほど前、私が初めてこのレンガの建物に入った時の衝撃…と言うと大袈裟ですが、しかし「この場所ならどんなことでも出来る!」という驚き、高揚感、ワクワク感を良く覚えています。それどころかこの感覚は今でも建物を見るたびに蘇ります。自分たちで責任を持てる、任せてもらえる、自由に使える…なんと素晴らしい! 私達が私達でいられる大切なこの場所がいつもフレッシュで、ライブで、生き生きとした場であり続けますように!

ドラマ工房 ディレクター
竹下 実季子

Mikiko Takeshita

芸術村は、さまざまな顔が生まれ出逢える場所です。
たのしい!おもしろい!ワクワク!ドキドキ!かなしい!さみしい!ツラ〜い!感動!…無限に広がる顔ですが、中でも一番たくさん生まれ出逢えるのは『笑顔』だと思います。演劇・ミュージック・アートの芸術を通して、ここ芸術村が、もっと!笑顔あふれる場になるよう、もっと!ご縁がつながり広がるよう、みんなのチカラでHAPPYな笑顔をたくさんつくりましょう♪

ドラマ工房 ディレクター
東川 清文

Kiyofumi Higashikawa

私にとって芸術村は初舞台の場所であり、思い出深い特別なところです。初舞台のときのワクワクは心に今も鮮明に残っています。「心が動き、心に残る」それは役者やスタッフ、お客さんなど様々な場面であります。そんな芸術村は「楽しいをカタチに!」ができる場所です。「楽しい」は一つでなく人の数だけあります。あなたの「楽しい」を皆さんで一緒にカタチにしていきましょう。

ミュージック工房 ディレクター
太田 浩一

Hirokazu Ota

ミュージック工房のアクションプランでは、様々なジャンルの活動をされている皆さんとジョイント企画を積極的に進めます。
コンサートイベント、ワークショップ、セッションワークなどを通じて、つながりの豊かさを大切に、活気あふれるミュージック工房にしていきましょう。もし芸術村で見かけたらお声を掛けてください!

ミュージック工房 ディレクター
中埜 忠紀

Tadaki Nakano

「一人で音楽はできない」。どんなに上手くなるようにがんばっても、聴く人がいなければ成立しない音楽。芸術村は練習と発表、その両方を24時間365日間かなえてくれる施設です。そんな夢のような現実が、金沢にだけあるのです。「夢を皆の力で続けたい」その思いで、ディレクターになりました。その為には皆さん一人一人が協力して皆さんが思う芸術村を創り育んでいくことが必要です。「工房を愛する皆さんの為、芸術を愛する金沢市民の為、音楽を愛す全ての人の為」皆さんと共に手を取り合い、芸術村が金沢の芸術文化の心臓となるよう頑張ります。

アート工房 ディレクター
宮崎 竜成

Ryusei Miyazaki

現在金沢美術工芸大学大学院博士後期課程に在籍しながら、研究や発表活動を行っています。専門は「絵画」ですが音響や映像など様々なメディアを使って作品を制作中です。
市民ディレクターとして、自分の専門性を生かしつつ、市民の皆様に開かれた企画及びサポートを行っていきます。市民が主役でありながら、他の専門的企画に劣らないような内容を目指し、アート工房が市民の皆様と作る新たな価値創造の場となるよう精一杯活動いたします!

アート工房 ディレクター
モンデンエミコ

Emiko Monden

知らないことを知る楽しさ。体感することの喜び。発見からうまれる感動。アートを通して出会う仲間。アートにはいろいろな力があります。みなさんの声に耳をかたむけ、こどもから大人まで創造的な時間を過ごすことのできる場所として、ここアート工房でさまざまな仕掛け作りをしていきたいと思います。
お散歩をするように気軽に立ち寄ってください。私をみかけたら声をかけてください。そして一緒にアート工房でワクワクする時間を過ごしましょう。